定期検診

定期検診

歯科医には虫歯になってから行くという人も多いですが、定期検診をおすすめしています。 定期検診では虫歯の早期発見だけではなく、虫歯予防や歯周病予防も行っていますので、 何をしているのかを簡単にご紹介します。


1.虫歯チェック
初期段階の虫歯は人の目では見つけづらかったり、歯と歯の間でゆっくりと進行している虫歯があったり、 治療した歯でもその近くに新しい虫歯ができたりすることもあります。専門的な立場の人が見ないとわからないものが多いので、 しっかりと虫歯のチェックをさせて頂きます。

2.歯ぐきのチェック
歯周ポケットといわれる歯のまわりのポケットが深いと、歯周病になります。歯周病はポケットが深くなり、 柔らかくなると歯が抜け落ちてしまうので、硬い状態が健康的です。歯周病になりかけている人は、ポケットの深さを測るだけで血が出てしまうこともあるかもしれません。

3.ブラッシング指導
大人になると何度もブラッシング指導を受けている人もいるでしょう。ですが、定期的に指導を受けることで、 普段の歯磨きにも生きてきます。歯科医によってブラッシング指導の仕方が違うこともありますが、 正しい磨き方も変わってきているのでより効果的な磨き方を覚えるためにも、何度も受けることをおすすめします。 また、一昔前は歯と歯ぐきの磨き方は一律でしたが、今はその人の歯並びや歯磨きの癖を見て 一人一人に合った歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方を教えるようになりました。

4.歯垢の染め出しチェック
歯垢(プラーク)は、むし歯や歯周病の原因ですが、これをきれいに取り去ることはとても難しいことです。 どこにプラークがつきやすいかをチェックするために、歯垢の染め出しをして、歯垢を綺麗に取り除きます。

5.歯石を取る
歯石を取ろうとすると痛がる人もいますが、放っておくと歯肉を圧迫するなどして、 歯周病を引き起こす原因の一つとなります。自分で取ることは難しいので、歯科医できちんとケアをしていきます。

6.歯科相談
むし歯や歯周病についての悩み事以外でも、相談に乗ります。顎の痛み(顎関節症)、 噛むこと(摂食)、飲み込むこと(嚥下)についての指導や治療、要介護者のお口の中のケアなどについても気軽に相談してください。

7.口の中の粘膜チェック
口の中や舌、唇、口角などの粘膜にできる炎症(口内炎)には、口の中やその周りに原因があるものと、 全身的な原因があるものとがあります。また、口腔粘膜の異常は、口腔がんなどの病気の可能性もありますので、口の中の粘膜の状態をチェックします。

以上が、定期検診の流れです。他にも見てほしいことがありましたら、お気軽にご相談ください。