入れ歯


■入れ歯で一番大事なことは、つけ心地と見た目の良さです。

入れ歯
つけ心地とは、違和感や痛みのないつけ心地や、ズレたり外れることの少ないフィット感、 顎に負担の掛からない噛み合せの良さ、硬いものを噛んでも痛みがない入れ歯のことです。 見た目の良さを追い求めると、保険適用の歯ではなく保険適用外の歯になりますが、見た目だけでなく耐久性の高い入れ歯を選ぶことも出来ます。

■総義歯にするなら金属床の入れ歯をおすすめします。

金属床
金属床とは義歯床が金属で作られている入れ歯です。義歯床を金属にすることで、土台がしっかりするため入れ歯自体を薄くすることができます。 保険適応の入れ歯よりも発音しやすく、違和感が少ない入れ歯といえます。金属床義歯(主要部分が金属)コバルトクロムは、総義歯だけでなく、 部分義歯でも使用することは可能です。

■部分入れ歯でお勧めするのは、ノンクラスプデンチャーです。

ノンクラスプデンチャー
「ノンクラスプデンチャー」という言葉を聞いたことがない人も多いかもしれません。 ノンクラスプデンチャーは、レジン床、金属床につぐ第3の義歯床で、弾性のあるノンメタルの義歯。 最大の特徴は歯にひっかけるクラスプ(止め金)がないことと、金属アレルギーの人でも安心してつけられるという点です。

最近は少しづつ広まっていき、ノンクラスプデンチャーを選ぶ人も増えてきました。 材質はポリエステル樹脂エステショットのため、過敏症やアレルギーの方も安心です。 また、薄くて軽いため装着感がよく、入れ歯をしているようには見えないという利点があります。さらに、薄い義歯なのに、よく噛むこともできるので食事をするのが楽しくなったという人もいるほどです。

また柔軟性があり、維持鉤としての応用が可能です。色調にもクリア感があり、低吸水性、耐摩擦性に優れ、 生体安全性の高い素材といえます。ある程度の修理も可能ですので、長く使うことができます。

総義歯も部分入れ歯も保険適用外の歯をおすすめしていますが、同じ義歯を綺麗な状態で長く使おうと思っているなら、 保険適用の義歯(何度か作り直すことになった場合)よりも結果的には治療費も抑えられるかもしれません。