歯周病

歯周病
歯周病は歯周ポケットといわれる歯の周りの溝の中に歯周病菌が入り、その毒素が歯の周りの歯周組織を破壊して歯を支える骨まで溶かしていく病気です。 日本人の40代以上の70%が歯周病で歯を失うとまでいわれています。さらに、40歳以上の人で歯周病になっている人は90%です。ほとんどの人が他人事ではありません。 歯周病は欧米ではサイレントディジース(静かな病気)といわれ、痛みも不自然さもない中で静かに病気は進行していきます。


■歯周病の進み方

歯周病の進行
歯周病は「歯肉炎」「歯周炎(軽度)」「歯周炎(中等度)」「歯周炎(重度)」の四段階あります。

歯肉炎は歯周病の初期段階です。歯の根本や歯と歯の間に磨き残した歯垢(プラーク)があると、歯垢に接触している歯肉が腫れて出血しやすくなります。

歯周炎(軽度)は腫れた歯肉に、細菌や細菌の出す毒素が入り込んで骨を溶かし始めている状態です。

歯周炎(中等度)はすでに歯周病が蔓延している状態。歯の根の半分の長さまでが溶けているため、早急な措置が必要です。

歯周炎(重度)になると、歯の根の半分以上の長さが溶けている状態です。歯を支持する骨が少なくなると歯はグラグラと動揺し、やがて抜けます。 ここまでくると、自分の口の中がおかしいと自分でも気づけますが、元の状態に戻すまで時間がかかります。

■当院で行う治療法「歯周組織再生療法」

歯周組織再生療法
従来歯周病の治療は「切除療法」と言われる方法をとってきました。ですが、この治療法では、治療後知覚過敏などの後遺症が残りますし、削除した部分やすでに溶けた歯が戻らないという難点があります。そこで生まれたのが、当院が行っている「歯周組織再生療法」です。

どんな治療法かというと、溶けた骨を少しでも元の状態に戻すというものです。ただこの治療を行えば、100%元通りに骨が回復するというわけではありません。 また、治療は歯肉を切開・縫合する外科手術です。非常にデリケートな治療のため、治療前後の徹底した歯磨きの訓練が必須条件になります。つまり、医師の手だけではなく、 患者さん本人の努力も必要ということです。 歯周病治療の過程では、歯垢を落とすための専門的なブラッシング、歯垢のたまり場となる歯石除去(スケーリング/ルートプレーニング)を行い、そして歯周病の改善度を調べた上で実施するものですので、一緒に歯周病を確実に治していきましょう。