ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングは歯を特殊な薬剤で白くすることをいいます。 歯を削ったりするわけではないので痛みはほとんどありません。 歯を白くするということは、健康的な美しさを見せるという対外的な要素を含んでいます。

ホワイトニングは、1989年にアメリカで実用化された技術で、ハリウッドや日本の芸能界などの職業でよく求められる歯科技術です。

技術的な特徴としては、歯の表面を強引に傷つけることはせず、歯の色素を分解して、白さと明るさをあげる方法を取っています。

また、ホワイトニングには「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の2種類がありますので、それぞれ説明していきましょう。

ホームホワイトニング

歯科医院でマウスピースを自分の歯に合わせたものを作り、そこにジェルを流して使います。マウスピースは一度作ると、ジェルを追加すれば何度でも使えるので自宅で簡単にホワイトニングを行うことが可能です。効果があらわれるまでに時間がかかりますが、白さが長続きするのが特徴といえるでしょう。

試用期間は8時間を10日間程度行うのが一般的です。歯牙の状態によって、歯が白くなる効果は個人差があります。注意事項としては、歯科医師の指導を受けなかったり、患者の独断でホームホワイトニングを行ったりすると、健康な歯を傷つけてしまうことがあるので、慎重な取り扱いが必要です。

「ティオン ホーム プラチナ」は、ジェルの性状や有効成分放出スピードを改良したことで従来製品より高いホワイトニング効果を実現。より早く、より白く、が実感いただける仕様となっています。

オフィスホワイトニング

ホームホワイトニングとは違い、歯科医がホワイトニングを行います。高濃度のホワイトニング剤を使うので、 短時間で一気に歯を白くすることが可能です。早く歯を白くしたい人にはお勧めですが、ホワイトニングを行う前には、 しっかりと説明とカウンセリングを行わさせていただきます。1回の施術で効果を得られますが、色が戻るのが早いという欠点があります。そのため何度か受けることをおすすめします。

当院のホワイトニング剤は国内メーカーGCの「TiON(ティオン) オフィス」(過酸化水素35%、過酸化尿素30%)です。高いホワイトニング効果と、日本で開発された日本人向けの刺激性の低いホワイトニングシステムといわれています。 歯科医での施術は、専用の薬剤を歯の表面に塗布しライトを当てて歯を白くしていくので、安全に行うことができます 持続的な効果を求めるなら、オフィスホワイトニングを受けながら、同時にホームホワイトニングも行って頂くのが一番です。そうすれば、白い歯を長い間維持することができます。